生前贈与と相続対策について

全ての親族に対して平等にありたいと思っていても、なかなかうまくいかないことがあるとすれば、財産分与がその一つなのではないでしょうか。お世話になった親族には多く残したいと考えたり、思い出深い物はそれを大切にしてくれる人に渡したいと願ったり、さまざまな思惑があり、財産を分けることは難しいものなのです。
しかし、自分の考えていることをしっかりと残しておかないと、うまく財産が分配されないこともあるのです。その為に有効な方法の一つが遺言でしょう。他にも有効な方法があるとすれば、それは生前贈与です。
多くの財産は遺産として、その人が他界した後で分配されるのですが、それをまだ生きているうちにおこなおうと言うのが、生前贈与です。生前に財産を贈与することには、いくつかのメリットがあります。
一つは、遺言ではなく、まだ生きているうちに自分で分配を決められると言うことです。
二つ目は、税金に関して優遇されている点があるのです。遺産は多くの場合は一括で分配されますので、全てに対して税金が掛かる為、多くが税金として納めなければいけなくなります。しかし、生前に贈与することによって、年間に決まった金額までであれば、相続税が掛からないものなのです。土地や家などは分けて贈与することは難しいでしょうが、定まった金額以内に収まるものであれば生前贈与することによって、多くの財産を残すことが出来るのです。花07