金利に的を絞る

マイホームを購入したりなど、高額な買い物をする際に多くの人はローンを利用すると思います。今回はローンの中でも金利に的を絞り、低金利ローンの基礎知識に関して説明させていただきます。まず初めに、低金利ローンの基礎知識に入る前に、金利について簡単に説明させていただきます。金利とはすなわちお金を借りる為の手数料みたいな存在です。借りた金額と借りた期間、および金利などの条件により、返済額は大きく変動します。低金利ローンの基礎知識とは、まさにこの返済額の大きな変動に関係します。同じ金額を借りたとしても、金利の高い会社よりも、低い会社の方が最終的な総支払額は安く済みます。金利の違いによる支払額の算出は借りた日数などにより変動するため、少し内容は違いますが消費税を例にしてみます。3000万円の5%は150万円ですが、10%となると300万円となります。単純に2倍の手数料を多く払うということになります。そのため、ローンを組むにあたり、大きな金額である以上金利による影響は特に大きなものとなってくるので慎重に判断する必要があると言えます。低金利ローンの基礎知識として、必ず念頭においておかなければいけないのは、金利が高ければ高いほど総支払額は多くなっていってしまうという点です。最後に注意しておかなければならないこととして、金利の種類です。金利には固定金利と変動金利が存在します。その名の通り、固定金利は金利が常に一定ですが、変動金利はある一定の理由により金利が変動することがあります。変動した場合、固定金利より高くなる可能性もあるので、その点に関してもローンを組む際によく注意しておいてください。

Comments are closed.